2 アレフの洗脳的教化のパターン ① アレフと素性を隠して、覆面ヨガ教室に勧誘する

(2012-02-01  23:11:00 の記事 09-14改訂)


 現在、アレフでは、若者を、まずは、アレフを隠した、ヨガ教室などの覆面サークルへの勧誘をして人脈を集め、段階的に「洗脳的な教化」を行い、アレフに入信させています。

 入信までには、


 ① 一連の重大なオウム事件は、実はオウムが起こしたものではなく、
    オウムが起こしたと見せかける何者かによる陰謀である。

 ② 教祖・グル(導師のこと)である麻原彰晃は、
絶対的な神のような存在である。


といった洗脳的教化が行われています。

そして、今でも、それを信じる人たちが、後を絶たない状況にあります。その段階的な洗脳的教化により、そうしたことを信じてしまう傾向のある方々が、入信してしまうのです。

 いったいなぜ、オウム真理教事件から十数年も経つ今、上記のような荒唐無稽なことを信じるに至ってしまうのかについて、その洗脳的教化パターン・手口を、実際に抜け出すことができた方々から聞いた情報に基づき、以下にまとめてご紹介いたします。

 ※すべてではないですが、これまでわかったことをまとめています。


 まず、アレフと素性を隠して人脈を作り、覆面「ヨガ教室」に勧誘する


 まず、アレフと素性を隠して、人脈を作っています。

 人脈を作る場所は、

SNS(mixiなど)
「書店キャッチ」:大型書店(ジュンク堂、紀伊国屋書店など)の精神世界コーナー・心理学のコーナー
・イベント スピリチュアルマーケットなど
・趣味のサークル:カレーの会、読書会など


 こうした場所で、声をかける方法などで、まず仲良くなり、メールアドレスの交換、喫茶店での歓談などを通じて、悩みなどを引き出し、「ヨガ教室」に勧誘しています。
 「ヨガ」は今、おしゃれで身体によいものとして流行っているので、あまり抵抗なく、勧誘されてしまうようです。

 そして次の段階として、勧誘された後は、勧誘対象者の興味に合わせて、教化が行われていきます。具体的には、ヨガ教室や、ファミレスなどにおいて、

①ヨガのレッスンを受講させるパターン
②勉強会を中心に教化するパターン

など、その人の興味に沿って、やり方を変えて、個別対応含め、教化が行われていきます。

 それについては次の記事にまとめます。


◆勧誘の実例をご紹介します

 実際に、アレフの偽装ヨガ教室への勧誘を受けた方にお寄せいただいた、リアルな体験談をご紹介します。
心当たりのある方は、すぐのお問い合わせをお待ちしています。

実例① 2011年8月 大阪の偽装ヨーガ教室への勧誘(Aさん20代男性東京・会社員)


 私が、
アレフの偽装ヨーガ教室を経由してアレフへの入信に導かれた経緯についてお話しします。

 それは、私が仕事の関係で一時大阪にいたときのことでした。
 ミクシィの私のプロフィールに、
ヨーガに興味があると書いていたせいか、ある人物(その時はわかりませんでしたが、アレフの信徒でした)から、「ヨガ教室に通いませんか?」というメールがありました。

 その人物と大阪の今里駅で待ち合わせをして、
紹介されたヨーガ教室に行きました。2011年8月下旬のことです。

 ヨーガの「先生」は、Kさんという30代の女性でした。
これも後でわかったことですが、Kさんはアレフの信徒だったのです。

 教室も、アレフ大阪支部の近くの、信徒の家が使われていました。
 ほかの生徒はおらず、私のほかは、勧誘してきた人と「先生」
を合わせて3人だけでした。
 教室の方針として個別指導でやっているということでしたので、
他にどんな生徒がいたかはわかりません。

実例② 2012年5月 大阪・今里駅近辺の、アレフの覆面ヨガ教室の勧誘の状況(Gさん20代大学生・大阪)

 私はアレフという団体の存在は以前から知っていましたが、この件に関係しているとは思いつきもしませんでした。

 勧誘された場所は、梅田の紀伊國屋書店でした。
心理学コーナー
で本を見ていると、「何か面白い本ありますか?」と、女性2人組から声をかけられました
「詳しくないのでわからない」と私が答えると、「心理学に興味はあるのか」と聞かれ、「多少ある」と答えました。
 今度は同じ質問を私からすると、「昔から人見知りで、大学入学以降、対人関係から体調を崩した。
 そこでヨガに出会い、救われた」と答えていました。

 もう一人も、「同様の悩みが解消されたのはヨガのおかげだ」と言い、私にも、「悩みが無いか?ヨガに興味は無いか?」と聞いてきました。
 そこで私は、自分の性格のことや将来についての悩みなどを話しました。
 すると、「ヨガならそうした心の問題が無くなって、良い所が出てくる」と言われ、簡単な呼吸法を教えられました。

 互いの悩みを話し、盛り上がった所で2人は帰ると言い、私たち悩みを持つ者同士気が合いそう
ということで、メールアドレスを教えてほしいと言われ、アドレスを交換し、その場はそれで終わりました。
 後日お茶をした時も、ヨガやこれまでの悩みなどを話し、私が少しヨガに興味を持ったため、その場で「勧誘、体験なら」と思い承諾した後、日程を決めて解散しました。

実例③ 2012年7月 アレフと知らずにいつの間にか関わっている。大阪のアレフを偽装した覆面ヨガ教室(Zさん30代女性大阪)

  梅田のジュンク堂書店の精神世界のコーナーで 、二人の男女の方に、「 何か面白い本はないか?」と声をかけられる。
 「気が合う」ということで メールを交換し、この方は、ヨガに興味があり、 とりあえず教室にいくことにしたとのことでした。
 「アレフ関係ですか?」と最初に聞いた 時、「違う」と言われたとのことです。
 2つのヨガ教室の場所があり、料金は約
三時間で二千円でした。

「週一回位で通った方がよい」 
「とりあえず10回通えば だいたいの概要がわかる」
といわれる。

ヨガ教室では、呼吸法も含んでのヨガのほかに、レクチャーがあって、潜在意識、超潜在意識、表層意識
カルマやら功徳、白い玉とか黒い玉とか、チャクラのこと、クンダリニー、輪廻転生の話があった。
 

実例①2011年5月 書店で知り合った女性2人に誘われ、偽装ヨガ教室へ(Dさん20代男性大阪)

 昨年(2011年)の5月、大阪梅田の紀伊国屋書店で知り合った女性二人が通っているという、ヨガ教室に通い始めました。
 5~6回通ううちに(アレフなのでは?)と気付き、もらった資料や話の内容等と並行して調べ始めていた、オウム関連の書籍等から「確信」に至りました。気付いたことは内緒にしていました。

 しかし、その理論等大変面白いものであったし、麻原氏の本などを読んでいるうちに、のめり込んで行きました。
 当時の自分にとっては、書籍の中の麻原氏は誠実な人に感じられ、ヨガ教室の先生(40代男性)や、その2人組の女性等の「人柄の良さ」と、あの一連のオウム事件というものに余りに矛盾を感じ、一人混乱していました。


関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR