【盲信原因と脱却⑤】教団に「自尊心」を満たされ、信じたくなる心理作用がある

(2012-03-17  17:21:27の記事)

■なぜ、アレフ信者は麻原を「絶対」「神の化身」と考えるのか

落ち着いて考えてみれば、
麻原を含む誰かを「絶対」または「神の化身」と判断できる能力のある人がいるとすれば、
その人自身が、「絶対」で「神の化身」である場合だけでしょう。

実際に、信者には、麻原を含めた他人を絶対であると判断する能力は到底ありません。

こうして、信者は、万人が麻原を絶対・神と認めるような客観的な事実・証拠に基づいて信じているのでは到底ありません。

もし、そのような証拠があれば、麻原・アレフは、すでに人類全体の教祖・宗教となっているはずです。

そもそも、宗教で教祖などを絶対と信じるというのは、他のほとんどの人は正しいと思わないことを正しいと信じてしまう現象なのです。

では、なぜこうなるのか、すなわち、信者になる人がなぜ信じ、ならない人はなぜ信じないのかについて、私達の体験に基づいて解説します。


その原因は、これまで述べたように、

①教団や麻原の実態や、超能力やヨーガ・仏教に関する正しい知識・経験が不足していること

もありますが、それだけではなく、

気づかないうちに教団によってプライドが深く満たされてしまうと
いう、心理的な落とし穴がある

のです。


■アレフ信者が、そう信じたくなる心理

まず、アレフの教義と布教活動を分析すると、仏教の教義の自分たちなりの解釈に基づいて、

「麻原・アレフに巡り会った者は、真理に巡り会った者」として、
「人類の中でも極めて優れた功徳のある者」として、

徹底的に称賛されます。

その結果、そうされた人は、気づかないうちに、
自尊心が深く満たされて、信じたくなるという心理作用があるのです。

要するに、「自分」が巡り会ったもの、「自分」がたどり着いたもの、
そして、「自分」を深く称賛してくれたもの、
「自分」の価値を認めてくれたものは、正しいと信じたいという、
人間心理が働いているのです。

人は誰しも、自分という者を一番愛しており、
自分でも気づかないうちに、自分が世界で特別な存在でありたいという
強い欲求を持っています。

この自己特別視の欲求が、自分を特別に称賛してくれたアレフによって引き出されて、
「自分が巡り会い、自分を特別視してくれたアレフは特別だ」
と信じたくなるのです。

自分への特別視とアレフへの特別視が一体化していくのです。

特に、アレフは、最初は覆面ヨガ教室で、アレフであることを明かさずに教化しますから、
その過程で深く称賛されると、自分でも気づかないうちに、この心理が働く可能性があります

そして、アレフの信者は、特に幹部信者においては、
こうした心理作用があることを多分に自覚して、
それを利用して、布教していると思われます。

また、信者によっては、自覚して利用しているというよりも、
本当に、自分と自分の教祖と自分の団体は特別だと信じ、
そのため、自分たちと巡り会った人も本当に特別だと信じている場合もあるでしょう。


■落ち着いて考えてみれば・・・


しかし、落ち着いて考えてみれば、
ヨーガや仏教の修行で心身が向上したり、多少の神秘体験をしたりしたとしても、
一連の事件を犯し、当時の高弟の大半が既に脱会している団体が、
アレフが説くように(世界で最高の、世界で唯一の)真理であるといったことが、
あるわけがありません。

事件を深く反省して、その反省からの葛藤を通して脱皮・進化してこそ、
本当に精神的な・宗教的な意味、意義深い生き方があるはずです。

また、より本質的には、仏教開祖の釈迦牟尼、ゴータマ・シッダールタが説いた中核の教えは、
自我執着を超えることであり、
アレフが行っているような誇大妄想的な過剰なプライドは、
よく自戒し、乗り越えるべき煩悩ということができます。

これは先ほど述べた聖者の見解、「麻原やその信者にはプライドの問題がある」と同じです。


■アレフが信者勧誘に使う言葉

では、アレフが新しい信者を教化する上で、具体的にどのような言葉を使うかというと、

例えば、

(麻原・アレフの修行をしない)凡夫は、
 99.9%、地獄(
を含む三悪趣=低い世界)に落ちる

(麻原・アレフという)真理に巡り会い、それを実践できる人は、
 本当にわずかであり、大変な功徳がある


(麻原・アレフに巡り会って、修行で神秘体験ができた)
あなたは、
前生からの修行者であり、大変な功徳がある


などです。

私達が、脱洗脳を手助けした人の中には、

「あなたは十万人に一人の魂である」

とまで言われた人がいました。

また、アレフには、仏教の教義の利用だけでなく、
麻原がキリスト教のハルマゲドン予言を解釈して、
自らを「ハルマゲドンの際に現れるキリストだ」と位置づけた予言教義があります。

それによれば、麻原は、
地球最高のグル、地球の教祖となる者で、唯一のキリストですから、
その信者・弟子になる者は、
キリストの弟子として、地球人類のトップに君臨する存在という位置づけなのです。

そして、これを信じているアレフの信者は、自ずと、
自分が巡り会う信者になる可能性のある者にも、
同様の位置づけを与えていきます。

客観的に見ると、これは、

「偉大な自分たちに巡り会う者は偉大である」

という(幼稚な)思考と行動ですが、
麻原への帰依として、そう実践していきます。

そして、客観的に見れば、誇大妄想にも近いほどの称賛が展開されます。


■コンプレックスから虚栄心の充足へ

 
そして、この結果、教団信者と社会の間には、精神的な壁・分裂が生じます。
すなわち、信者は、

「アレフ・麻原を認めない外部社会は、

自分たちより下の存在であり、
 彼らが自分たちを認めないのは、
彼らが劣っており、
無智であるために、
 麻原・アレフの真理を理解できない」


とまで考えるようになります。

「真理を知っている聖なる自分たち」と、
無智で地獄に落ちる人達の外部社会」という構造です。

また、オウム事件の陰謀論でも、同様の心理が働きます。
そのような説を十分に調査・研究などせずに、

「一般の人は、陰謀説という真理を知らないが、
自分は知ることができた」

という虚栄心が満たされ、安直に信じてしまう可能性が出てくるのです。

これは、気づいてみれば、恐ろしく傲慢な意識です。

しかし、アレフ信者は、この自分達の問題に気づいていません。
むしろ、彼らは、

「自分たちは、グル・教祖や教団に対して帰依をして、謙虚であろうと努めている」
と考えています。

その自分たちが、客観的に見れば、すなわち社会全体から見れば恐ろしく傲慢であることに
気づいていない
のです。

そして、実際に、外部社会には非常に傲慢に映ります。

自分たちが勝手に正しいと思い込んだ者(麻原)の指示で、
虫けらのように一般人を殺しながら、反省しないどころか、
陰謀説を流布し、逆に社会を批判するのですから。

そして、この強い称賛・プライドの充足は、今の競争社会では、非常に強い影響力を持ちます。
卑屈・コンプレックスに悩んでいる人が実に多くいますから、
特別な称賛は、非常に大きく作用する
でしょう。

例えば、生まれて初めて、自分の価値を認めてくれた存在がアレフだといった印象を抱けば、
その影響は計り知れません(他が何も見えなくなりかねません)。

また、卑屈・コンプレックスの強い負け組の人達だけではなく、
いわゆる勝ち組のプライド・自尊心が強い人にも影響があります。

「他に対して優位になりたい」という人の欲望は際限がありませんし、
勝ち組でも、誇大妄想的・空想的な傾向があれば、

「地球人類の中の最高存在の集団になれる」

という欲求を、アレフで満たそうとする可能性もあるのです。

こうして、「自分を認めてくれたアレフ・麻原を信じたいという気持ちが強くなると、
麻原・アレフが正しいのか、という客観的な思考は、
働かなくなります。

主観で、麻原・アレフを判断するようになります。
一連の事件の重大さえも無視し、陰謀説も信じたいという心理までが働く恐れがあります。

そして重大なことは、これは、麻原・アレフを信じているのではなく、
実は、「自分自身」を信じている=「信じたい」のです。

麻原を正しい、絶対だと信じることを手段として、自分でも気づかないうちに、
それに巡り会った「自分が正しい・特別だ」と信じたいのです。

その結果として、アレフに巡り会う前は多分に卑屈を抱え、
他人を絶対・神だと判断する能力など全く持ち合わせていない人が、
一転して、アレフ・麻原を正しいと信じてしまう自己矛盾・落とし穴に陥ります。

この落とし穴に気づくことは、脱洗脳における非常に重要な手がかりとなります。

関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR