男性幹部信者の温熱修行による死亡事件

 男性の幹部信者Nは、ある女性の出家信者と、男女関係の破戒をしたと、麻原こと松本元死刑囚に批判され、50度の温度のお湯に15分入ることができるならば、その関係を認めてやると言われて、それを行いました。50度のお湯に15分入ると言うことは、全く無謀なことであり、高温のお湯に入ることを温熱修行と呼んでいた当時の教団でも、47度以上の事例はありませんでした。

 しかし、Nは、それを行なうことを選択しました。その際に、新実元死刑囚や、他の男性幹部信者が付き添いました。Nは、50度の湯に入ってからまもなく意識を失いました。こうして、明らかに危険な状態になったにもかかわらず、新実らはNを救い出さずに、15分経つまで、浴槽の中に抑え込み続けました。

 この際、意識を失っても、15分お湯から出さなかったことが、松本の意思かどうかは不明ですが、他の男性幹部信者は、新実元死刑囚が松本の意思を知っていると考えて、それに従ったという情報もあります。
 
 この事例は1995年時点から当局が既に知っていると思われますが、本人自身が自分の意思で行った無理な修行の結果として死亡したために事件性がないと判断したのか、事件性があったとしても、他のより重大な事件を優先して、立件されなかったものと思われます。
 
 なお、以上の情報は、報道関係者の一部にも知られています。そして、ひかりの輪のスタッフの一人も、新実元死刑囚と共にNをお湯の中につけ続けた元男性幹部信者の一人からこの話を聞いており、それが上記の情報に反映されています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR