河野義行さんらに、アレフ問題についてご報告・ご助言いただきました。

今日6日は、
世田谷のひかりの輪東京本部で
「ひかりの輪の外部監査委員会と役員会の合同会議」
が開かれました。

アレフ問題についても議題が及びましたので
このブログにも掲載します。

暑い中、委員の先生方にお越しいただいて、
本当にありがたいです。

河野義行委員長(松本サリン事件被害者・遺族、元長野県公安委員)、
大学教授(犯罪者更生や被害者学の専門)
伝統宗派(修験道)の山伏先達の方に、
団体活動の監査と、ご指導をいただきました。

①ひかりの輪の最近の活動と、今後の予定のご報告を監査委員の方に行ない、

②委員の方からの質疑・監査・指導・助言をいただきました。

③そして、先生方をご案内して、
公安調査庁のように、全部屋を回っていただき、
各種の検査をしていただきました。

④また、先日のアレフの写真串刺し問題も話題に上りました。

本件は、報道と公安調査庁やアレフHP発表の事実や、
私たちの過去の経験を合わせると、施設の場所・責任者・今回の行為の背景動機、
現状のアレフの問題が推察できます。

⑤また、この報道でアレフと混同されてひかりの輪が受けた影響と、
今後の対策も報告されました。
(マスコミ・テレビコメンテーターに、ひかりの輪とアレフの違いに関する詳細な資料提供を行なうなど)。

今後とも、皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

外部監査委員会のサイトhttp://hikarinowa-gaibukansa.jp/index.html

関連記事

コメント

No title

河野義行さんらにどのような助言を頂いたのでしょうか。
全くわかりません。

Re: No title

コメントありがとうございます。
いつもそうなのですが、後日ほど、河野さん方の外部監査委員会のほうからサイトで発表があります。
これまでのことは以下に掲載されています。
http://hikarinowa-gaibukansa.jp/report/index.html

> 河野義行さんらにどのような助言を頂いたのでしょうか。
> 全くわかりません。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR