「団体」著作権と、「個人」著作権の違いを利用した、アレフ(オウム)の対抗策としてのヨガ本

(2012-07-05  22:08:44 の記事)

■「団体」著作権と、「個人」著作権の違いを利用した、アレフの対抗策としてのヨガ本


 アレフの著作権侵害の問題がついに公に報道され始めました。

 一連のオウム事件後、松本死刑囚の説法などが出版された初のケースとしてのテレビ報道です。

 
----------------------------------------------------------------------------------------

「オウム」勧誘の本を販売 松本死刑囚の説法も(12/06/28) 
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220628063.html

テレビ朝日のニュース2012.06.28 22:35

 著作権者であるオウム事件の被害者支援団体の弁護士の方のコメントも報道されていました。


オウム被害者支援機構・中村裕二弁護士:

「過去の著作物ときちんと比較して、著作権法違反になるのかどうか、
 そういったことについてはきちんと精査する必要があると思います

----------------------------------------------------------------------------------------

 この問題が、いよいよ徐々に周知されていくようです。

先日、本ブログでも
アレフがヨガ本『チャクラとクンダリニー』を出版の記事を掲載しましたが、
この本のことです。

ただし、今回の報道された問題は、単純な著作権侵害の問題ではありません。

オウム真理教の著作物を無断で使用している問題で、
被害者団体に、著作権侵害を指摘され、追い詰められているアレフが、
それをかわすために、オウム真理教の書籍そのものではなく、
麻原の著作や麻原の説法の一部を使って、
(信者)個人の名義で、新しい本を出したということなのです。

この本の狙いは何でしょうか。
「団体」著作権と、「個人」著作権の違いを利用したアレフの対抗策なのです。

といいますのは、
アレフの広報担当者に最近接触した一般の方が本人から聞いたこととして、
著作権問題に対して、アレフが予定している反論は、

「麻原の著作物や説法は、麻原個人の著作権であり、
オウム真理教の著作権ではないから、
それを被害者団体に無断で使っても、著作権侵害にならない」

というものだというのです。

アレフは、被害者団体が有しているのは、「オウム真理教の著作権」であり、
「麻原個人の著作権」ではないとし、
今回の新しい出版物も、麻原の個人名義で出版された過去の書籍
『生死を超える』と、麻原の説法などを中心としして構成されています。

しかし、アレフが現在使っている教材の中には、オウム真理教時代に明らかに、
オウム真理教名義(オウム真理教のクレジット)で刊行されたものがありますが、
それも無断で使用しています(例えば、最近記事でご紹介した30万円の
『アレフ教学システム』)。

また、

 ① 麻原の著作物や説法が、本当に麻原個人の著作物であり、
   オウム真理教の著作物ではないのか、
 ② さらには、麻原個人の著作物であれば、麻原の起こした事件の被害者側
    に、無断で使用し続けられるものか、

については、弁護士の方には、よくおわかりになることと思います。

この点は、ここで書くと、ご迷惑をかける可能性があるので
控えさせていただきます。
場合によっては、証拠隠滅など、アレフを利することになるからです。

よって、わたしたちがアレフの人たちに願うことは、
アレフの人たちが、自分自身を客観的に厳しく見つめ、
どういった主張が裁判で通用し、通用しないかを冷静に判断することです。

自分たちの理屈・解釈の中で、いくら、「自分たちが正しい」と考えても
(思い込んでも)、現実には、裁判所が、社会が、それを認めないというのが、
これまでの圧倒的な流れだったはずです。

さらに、被害者支援団体は、弁護士の集団であり、
その理事長は、元日弁連会長(日本弁護士会のトップ)の方なのです。

この、アレフが罪を犯している事態が、正当な現実であり、
アレフが国家に「弾圧されている」わけではないのです。
罪を犯したから、訴えられている、ただそれだけなのです。


■歴史は繰り返される

そして、歴史は繰り返されるということがあります。

◎1989年

1989年、オウム真理教の苛烈な出家制度の問題を「サンデー毎日」が
取り上げました。その情報源は、故坂本堤弁護士でした。
  
そして、11月4日、坂本弁護士殺害事件が起こりました。
その後、オウム真理教は総選挙に出馬して惨敗し、
その後、熊本県波野村に信者が集団移転して、
そこで地域住民との大きなトラブルが発生しました。
  
◎2009年

その後、ちょうど20年たった2009年のことです。

私たちが2007年にアレフを脱会した2年後に、
アレフと被害者支援団体の対立が鮮明になったのです。
  
奇しくも、その被害者支援団体の弁護士の方は、
故坂本堤弁護士の同僚だった方々です。
被害者支援団体が求める賠償契約の更改をアレフが拒絶しました。
  
最初は更改に応じるそぶりを見せていたアレフは、
一転して態度が豹変したと弁護士の方々からお聞きしました。

さらに、アレフは、その弁護士の方が、
地域住民の集会で話された内容の一部を批判して、
「その謝罪が無ければ一切交渉に応じない」と主張・敵視し始めたのです。
  
ところが、そのアレフの批判は、どんな内容だったかというと、
「弁護士の方が、アレフが予定する賠償金額をアレフが報告した額よりも
 多少多めに言った」というだけのことでした。
つまり、ある意味で、アレフに有利な話なのですから、
揚げ足取りとしか思えないことです。
  
しかし、その後ずっと、アレフは、この批判と謝罪の要求の一点張りだそうです。
  
被害者団体が、昨年2011年に、「著作権侵害をやめるように」
通知した際さえ、そうだとお聞きしています。

そして、アレフと被害者支援団体の対立が鮮明になった2009年に、
私たちは、支援団体の弁護士の先生方に呼ばれて、

「なぜ、アレフが強硬な路線に転じたと思う か、
 私たちが推察できることがないか」
を尋ねられました。
  
その会合の日が、何と2009年11月4日で、
故坂本堤弁護士の20年目の命日だったのです。
  
私たちにとって、それは衝撃的な出来事でした。
20年の時を経て、坂本弁護士の同僚の弁護士の先生と、
オウム真理教を継承したアレフが、再び対立しているという構図です。
歴史は繰り返すということを思わずにいられませんでした。
  

2010年
  

そして、その翌年、アレフは、東京の足立区に大型ビルを購入し、
信者が集団移転しました。

地域住民問題が発生しました。
足立区は特別条例をもって対抗しました。

まるで、89年の坂本弁護士との対立の翌年に、
熊本県波野村に集団移転したのと同じように・・・。
「歴史は繰り返す」ということを思わずにいられませんでした。

また、最近最もアレフ問題に関心を持っている週刊誌は、
少なくともその一つは、今回もまた、サンデー毎日のようです。
先日は、「サンデー毎日」の取材をお受けしました。
  
その記事は、被害者の弁護士や江川紹子氏のコメントも載せて、
アレフの問題の大きさを指摘していました。

ここでも、歴史は繰り返すのかもしれません。
なお、このコメントの中には、ひかりの輪とアレフの違いが、
ある程度表現されているものがありました。

カルトやオウム問題に詳しい紀藤正樹弁護士は、『サンデー毎日』(2012年7月1日
号)誌上で、次のように語っています。

----------------------------------------------------------------------------------------

  「ひかりの輪はアレフから追い出された少数派であり、教団というよりサークルに近い。
   サリン事件のようなことをやれば団体として大変なことになると分かっていた幹部連中が
  追い出された。
   …サリン事件を体験していない人たちが幹部となったアレフには、『事件には何かしらの
  意味があった』と思っているような信者が残りました。
   アレフ信者の麻原彰晃に対する信仰の度合いは95年以前と同じで、むしろ個人崇拝、帰
   依度は高まっている。昔との違いは、サリンを作るような施設がない点だけです…
   今もアレフが勢力を拡大している事実を深刻に受け止めないといけません。」


----------------------------------------------------------------------------------------

◆歴史が繰り返されないために、社会全体の関心を


今回は、アレフが、弁護士を殺害するなどの暴力事件はないと思います。
なぜなら、アレフの教義では、殺人を正当化できるのは、
最終解脱者の麻原だけだからです


次の記事に続きます。

アレフが、ヨガ本『実践・チャクラとクンダリニー』を出版

(2012-06-24  13:30:27の記事)

「冬凰社」という
出版社から、10日ほど前に出版された一冊のヨガ本
真田英行『実践・チャクラとクンダリニー 覚醒・解脱へ導くヨーガの奥儀』
が、
じつはアレフが出したものであると、情報提供をいただきましたので、取り急ぎ、お知らせします。

--------------------------------------------------------------------

実践・チャクラとクンダリニー――覚醒・解脱へ導くヨーガの奥儀実践・チャクラとクンダリニー――覚醒・解脱へ導くヨーガの奥儀
(2012/06/15)
真田 英行

商品詳細を見る


書籍名: 実践・チャクラとクンダリニー 覚醒・解脱へ導くヨーガの奥儀
著者: 真田英行
判型:四六判、ソフトカバー
ページ数:368ページ
発売日:2012年6月15日
ISBN:978-4-9905909-0-1
在庫:在庫あり
定価:1,680円(税込)

--------------------------------------------------------------------


■「冬凰社」はアレフの会社

さっそく、
冬凰社のホームーページを見てみると、以下の記載がありました。
社長の竹井宏明氏は、現アレフ編集部の出家信者ですから、
間違いありません。

------------------------------------------------------------------------
◎冬凰社会社概要

出版社:有限会社 冬凰社
代表者     取締役社長 竹井宏明
http://www.touousha.com/index.html
所在地     〒340-0821 埼玉県八潮市伊勢野501
連絡先     電話:048-999-5632
 FAX :048-999-5711
------------------------------------------------------------------------


現在のところ、
ジュンク堂や紀伊國屋書店など大手書店でも取り扱っておらず、
アマゾンかこの出版社の冬凰社からの直接購入しか方法はないよう
です。
  
アマゾンにはすでに
  
届いてビックリAlph(元オウム真理教)だったのね…。
  
やっと出逢えた、巷で流行りのヨガ本には記されてない、
チャクラとクンダリニーの真実が書かれている」

という、対照的なレビューがついています。


■アマゾンの内容紹介をよく見ると・・・「
Alephに伝わる奥義書」と記載

最後から二段落目に、

また、「ヨーガの奥儀を極めたい」と思っている上級者の方のためには、
さらに上のステップである、サマディ・解脱に至るまでの具体的な実践法を、
体験談とともに詳説しました。Alephに伝わる奥義書の一部もここに公開!

と、ここに、Aleph=アレフの記載がありました。

■著者・真田英行について

著者紹介には以下の記述があります。
この名前は、ペンネームと思われます。
------------------------------------------------------------------------
ヨーガを探究すること25年。ヨーガ発祥の地インドのみならず、
スリランカ、チベット等の国々を訪れ、
ヨーガの実践やインド哲学の研究、仏教思想の研究を行なっている。
本書は、各種ヨーガの中でも、主にクンダリニー・
ヨーガにポイントを絞った研究の集大成である。      
------------------------------
------------------------------------------


■アレフのヨガは、心身の健康を損ねる恐れがあります。

4月に、以下の記事でお知らせしました通り、
>>★リンク準備中【アレフの修行の危険性③アレフのヨーガの修行は、
心身の健康を損ねる恐れがある】 

 (1) 正統ではない使い方をしている
 (2) 慢心をもたらす使い方をしている
 (3) 心身に負担がかかる


という大きな問題をはらんでいます。
ぜひ、【アレフの修行の危険性③アレフのヨーガの修行は、心身の健康を損ねる恐れがある】 
をご一読ください。


■ブログ読者の方にお願い

このヨガ本が、麻原を信奉するアレフが出版しているという事実
を、可能な限り広めていただけるようお願いいたします。

そして、アレフが麻原を盲信し、オウム事件を陰謀として、被害者賠償契約を行わず、
詐欺的勧誘をヨガを使って行っていて
つい最近も、アレフを偽装する覆面ヨガ教室で、「詐欺罪」で逮捕者が出ており、
著作権違反を行い、現在被害者支援機構による調停の最中であり、
現在進行形で犯罪を犯している団体であることを。

この本が詐欺的勧誘のツールにならないよう
気付いた者がそれぞれに、できることを行う必要を感じております。

よろしくお願いいたします。

プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR