スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性幹部信者の温熱修行による死亡事件

 男性の幹部信者Nは、ある女性の出家信者と、男女関係の破戒をしたと、麻原こと松本元死刑囚に批判され、50度の温度のお湯に15分入ることができるならば、その関係を認めてやると言われて、それを行いました。50度のお湯に15分入ると言うことは、全く無謀なことであり、高温のお湯に入ることを温熱修行と呼んでいた当時の教団でも、47度以上の事例はありませんでした。

 しかし、Nは、それを行なうことを選択しました。その際に、新実元死刑囚や、他の男性幹部信者が付き添いました。Nは、50度の湯に入ってからまもなく意識を失いました。こうして、明らかに危険な状態になったにもかかわらず、新実らはNを救い出さずに、15分経つまで、浴槽の中に抑え込み続けました。

 この際、意識を失っても、15分お湯から出さなかったことが、松本の意思かどうかは不明ですが、他の男性幹部信者は、新実元死刑囚が松本の意思を知っていると考えて、それに従ったという情報もあります。
 
 この事例は1995年時点から当局が既に知っていると思われますが、本人自身が自分の意思で行った無理な修行の結果として死亡したために事件性がないと判断したのか、事件性があったとしても、他のより重大な事件を優先して、立件されなかったものと思われます。
 
 なお、以上の情報は、報道関係者の一部にも知られています。そして、ひかりの輪のスタッフの一人も、新実元死刑囚と共にNをお湯の中につけ続けた元男性幹部信者の一人からこの話を聞いており、それが上記の情報に反映されています。
スポンサーサイト

女性の幹部信者Yさんの殺害事件の概要

 1991年頃、松本智津夫元死刑囚(以下、松本)は、Yさん(当時「師」の称号を持っていた出家信者の幹部で、富士山総本部道場の経理部のトップ)がスパイ行為を働いたと疑い、Yさんを詰問しました。これに対して、Yさんは身に覚えがない様子でしたが、「師」として認められたYさんは、松本への帰依心のためかと思われますが、真っ向からは否定せずに、「思い出せない」「なぜ思い出せないんだろう」などと、泣きながら言うなどしました。

 その中で、ついに松本は、「白状しないならばポアする」という趣旨のことを言いました。そこで同席していた中川智正元死刑囚と新実智光元死刑囚が、Yさんを取り押さえるなどしましたが、その際も、Yさんは松本への帰依心のためか、「やめてください」と言ったり、体をバタバタさせたりすることなどはせず、目立った抵抗はしませんでした。

 その後、松本と話した中川が、何かの薬物を持ってきて注射し、それと同時に、息ができないように新実がYさんの鼻や口を手で押さえるなどすると、すぐにYさんは動かなくなり、医師の中川が死亡を確認していました。 また、中川・新実以外に、この状況を目撃していた者として、村井・上祐らの3人の当時の最高幹部がいます。

 その後、遺体は、村井らが運び出し、同じ教団施設の中で焼却していましたが、最終的にどうなったかは不明です。また、事後に松本は、瞑想した結果「(Yさんは)魔女だった」などと述べていました。

オウム・アレフの行方不明者の情報

 オウム(現アレフ)には、数十名の行方不明者がいるとされています。その中には、単に教団を脱会した者に限らず、無理な修行による事故・内部殺人などで死亡した者がいると思われます。

 しかしながら、一連のオウム事件の捜査では、サリン事件などの重大事件が優先されたため、捜査当局は、こうした教団内部の死亡者に関しては十分な捜査ができなかったとと言われています。その中には、一定の情報があっても、その性質から、犯罪とまでは言えないとか、犯罪であっても、立件された他の事件と比較すれば軽いために、麻原の裁判が長引くために立件しなかった事例もあると思われます。

 実際の麻原の裁判の中で、検察がいったんは起訴した事件を途中で取り下げ、裁判の短縮を図った事実がありますから、裁判に長期化を防ぎ、麻原が自然死する前に死刑を執行し、事件の再発や教団の拡大を速やかに防止するために、立件自体がされなかった事案もあると思われます。

 また、教団内部の死亡事案には、教祖が命を落とすような無理な修行を指示したとしても、本人がそれを行うことを帰依心などによって同意した、抵抗しなかった場合には、殺人ではなく、修行事故としてみなされたり、自殺幇助、同意殺人とみなされることもあると思われます。

 そして、今後、ひかりの輪としても、松本の死刑執行を一つの契機として、こうした行方不明者・教団内部での死亡事例に関する情報を収集し、親族の方等にご報告するなどし、当時の教団の実態の解明に努め、過去の償いの一部とさせていただきたいと思います。

 そうした情報をお持ちの方は、ぜひとも、ひかりの輪の広報部までご連絡ください。

 ひかりの輪広報担当(広末晃敏、宗形真紀子)
  メール:koho@hikarinowa.net
  携帯電話:080(6515)0369
  固定電話:03-6887-2149
  *外出も多く携帯電話の方がよく繋がります。
  *留守電の場合、お名前・ご連絡先を録音願います。
    折り返し速やかにご連絡します。
  郵便:〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-30-19-206 ひかりの輪広報

 

7月26日(木)、札幌にてアレフ脱会相談受付中です。


◆札幌でのアレフ脱却支援のご相談

7月26日(木)に、札幌にて、アレフ(旧オウム真理教)の脱却支援を受付しております。

 札幌は、アレフ(旧オウム真理教)洗脳的勧誘活動が、全国で最も突出している地域であり、その被害を受けた方からのわたしたちへのご相談が続いています。

 ご家族が入信してしまったなど複数の方の深刻なご相談があり、できる限りの脱却支援をさせていただいた結果、多数、脱却に成功したケースがあります。

 札幌へは、遠方のためあまり頻繁に伺えないので、ぜひこの機会をご活用いただければと思っております。(念のため申し添えますが、ひかりの輪に入会しなければならないということはありませんので、安心してご相談ください。)


◆お問い合わせ

●福岡支部教室(北海道地区) 担当:吉田恵子
  住所: 福岡県福津市花見の里3丁目24-19
  担当者携帯電話: 080-6583-5869
  窓口電話 :0940-51-3319
  メールアドレス: fukuoka@hikarinowa.net

ひかりの輪の「控訴審の証拠資料」を一部公開します

【1】はじめに

●裁判資料の証拠からわかる「ひかりの輪」設立のいきさつ

 昨年2017年末より、ひかりの輪と公安調査庁等の国側で、観察処分を取り消すよう求めた裁判の控訴審が続いています。今回は、控訴審の中で、ひかりの輪が作成・提出した証拠資料の一部を公開いたします。
 
 この裁判資料には、

・ひかりの輪の設立までに、アレフ教団の内部でいったい何が起こったのか。
・上祐が、麻原や事件について、何を言ったのか。
・麻原の妻(松本明香里氏)や二女・三女(松本麗華氏)らの逆鱗に触れた、上祐の言動とは何だったのか。
・麻原の妻や、二女・三女らとA派(主流派)は、上祐やM派(上祐派)に対し、どんな行動を起こしたのか。
・上祐や上祐派は、その後、アレフ内で、何を行ったのか。
・ひかりの輪が、なぜ、アレフを脱会したのか。
・その後、ひかりの輪は、何を行っているのか。
 などの証拠事実が記されています。

 なお、以下に、控訴審までの経緯を簡単に掲載します。

●東京地方裁判所の一審判決:ひかりの輪への観察処分を取り消す

 昨年9月に、ひかりの輪に対する公安調査庁の観察処分を取り消すよう求めた裁判で、東京地方裁判所により、「ひかりの輪への観察処分を取り消す」という判決が下されました。

 ひかりの輪は、2007年の発足以来10年以上にわたって公安調査庁の観察処分を受けてきましたが、それが明確に「違法」とされ、取り消される司法判断が出たのは、今回が初めてであり、画期的なものでした。

●違法とされた、公安調査庁による架空のストーリー

 一審判決では、公安調査庁が主張してきた、ひかりの輪に観察処分をかける最大の理由だった、以下のような「真実から全くかけ離れた、虚偽で、架空のストーリー」が、否定されました。

「ひかりの輪は、オウム真理教教祖・麻原彰晃の意思に従って、
 観察処分を免れるために、
 アレフと役割分担をして設立された『麻原隠し(※)』
 の団体である。

 このような団体だからこそ、ひかりの輪は、
 観察処分対象団体であるアレフと一体であって危険、
 よってひかりの輪にも観察処分が必要(公安調査庁の主な主張)」

【※「麻原隠し」とは?】

 「麻原への信仰を表向きは隠しながら、実際には麻原を信仰している」とする公安調査庁の造語。今回は、ひかりの輪スタッフが趣味で、縄文遺跡の博物館のお土産で買って置いていた「小さな縄文土偶」を(ひそかに麻原と見て)、麻原を信仰している証拠として提出されています。

●ひかりの輪の、真実の設立の経緯

 ひかりの輪は、裁判所が「当初から麻原への帰依を否定している」と明確に認定しているとおり、もともとオウム事件をオウム・麻原の犯罪と認めて直視し、麻原への帰依を否定する者たちが中心となって設立した団体です。
 逆にアレフは、オウム事件はオウム・麻原が起こしたものではなく、陰謀によって罪をなすりつけられたものであると信者等に教育し、麻原への帰依を強化しています。


「麻原をキリストにしてはならない」上祐史浩インタビュー(週刊新潮)

週刊新潮のネット版、デイリー新潮に上祐のインタビューが掲載されました。

「麻原をキリストにしてはならない」上祐史浩インタビュー(上)

・「もちろん執行しなければならない。そうしなければ、『無差別大量殺人者』『テロリスト』が死刑にならない日本国家を作ってしまうことになる。それがあり得ていいわけがありません」

・まるで麻原と一緒


「麻原をキリストにしてはならない」上祐史浩インタビュー(下)


「もし執行が延びれば、彼の予言が成就したことになり、麻原はイエスをも超えた『不死の超救世主』として解釈されてしまう・これほどアレフを勢いづかせることはない」

「社会は麻原を特別視してはならない。もし過剰反応をすれば、アレフは、世間も教祖を死刑にするべきではない、と思っているのではないかと勘違いしてしまう」

「他の死刑囚と同じように、粛々と刑を執行する。これこそが、犯罪を繰り返させぬために最も必要なことではないか」

・アーナンダの皮肉

・幽閉の理由

上祐史浩手記「麻原を『不死の救世主』にしてはならない 」オピニオンサイトiRONNA

本日、オピニオンサイトiRONNAに、上祐史浩手記「麻原を『不死の救世主』にしてはならない 」が掲載されました。

麻原死刑執行が秒読みと言われる今、以下の特集記事の中の手記の一つです。
ご一読いただけましたら幸いです。

--------------------------------------------
「グルが神になる日」死刑執行秒読みの波紋」

オウム真理教をめぐる一連の事件で、死刑が確定した教祖、麻原彰晃(本名・松本智津夫)ら13人の死刑執行が秒読み段階に入った。執行には慎重論も根強いが、その最たる理由は「教祖麻原の神格化」である。グルが神になる日はやって来るのか。議論の核心を読む。
--------------------------------------------
ようやくその時が来た。
麻原を「不死の救世主」にしてはならない (上祐史浩)

- オピニオンサイトiRONNA

・極めて低い報復テロの可能性
・麻原と同等ではない6人の子供
・終焉したオウムのテロ
・オウムは平成を象徴した宗教

3月10日(土)、札幌にてアレフ脱会相談受付中です。

◆札幌でのアレフ脱却支援のご相談受付

3月10日(土)に、札幌にて、アレフ(旧オウム真理教)の脱却支援を受付しております。

 札幌は、アレフ(旧オウム真理教)洗脳的勧誘活動が、全国で最も突出している地域であり、その被害を受けた方からのわたしたちへのご相談が続いています。

 ご家族が入信してしまったなど複数の方の深刻なご相談があり、できる限りの脱却支援をさせていただいた結果、多数、脱却に成功したケースがあります。

 札幌へは、遠方のためあまり頻繁に伺えないので、ぜひこの機会をご活用いただければと思っております。(念のため申し添えますが、ひかりの輪に入会しなければならないということはありませんので、安心してご相談ください。)


◆お問い合わせ

●福岡支部教室(北海道地区) 担当:吉田恵子
  住所: 福岡県福津市花見の里3丁目24-19
  担当者携帯電話: 080-6583-5869
  窓口電話 :0940-51-3319
  メールアドレス: fukuoka@hikarinowa.net

ひかりの輪がアレフ脱会支援をした人が152名に

昨年2017年までの間でひかりの輪がアレフからの脱会を支援した人の数が152名となりました。この人数は、アレフ入会した人の脱会とアレフを隠したヨガ教室からの脱会(アレフ本体への入会の未然防止)の両方を合わせた数です。


アレフは、未だに麻原彰晃(=松本智津夫)をグルと仰ぎ、信仰しています。地下鉄サリン事件をはじめオウムの数々の事件を陰謀として、オウム(アレフ)がやってないと主張しています。事件をやってないと主張していることから、事件被害者への賠償もしていません。


アレフに入会に導くにあたって、アレフを隠したヨガ教室に誘いそこで、陰謀論を植え付けアレフ入会させています。

アレフと隠したヨガ教室の特徴として

①ヨガの実践は少なく、座学と言われるレクチャーが中心
②座学の内容は、カルマの法則、輪廻転生、陰謀論、などの話が中心
③上の段階があると言う
④グルがいると言う

などです。

そして、ヨガ教室への勧誘は

①その地域の大型書店で声をかける
②中心的な駅の近くで声をかける

などです。

もし、あなたがヨガ教室に通っていて、そのヨガ教室が上記のような特徴があるなら、こちらの記事http://alephmondaitaisaku.blog.fc2.com/blog-category-37.htmlをお読みすることをおすすめします。

そして、このブログを主催しているアレフ問題対策室にご連絡ください。
脱会の支援をします。
http://alephmondaitaisaku.blog.fc2.com/blog-category-14.html

また、ヨガ教室からアレフに入ってしまったもののアレフに違和感を感じている人も一報ください。確実にアレフから脱会できる方法をお教えします。

アレフの著作権問題の最新情報と解決のための呼びかけ

1.アレフ著作権問題の近況

 このブログで紹介してきたように、アレフが、麻原・オウム真理教の著作物を使って教団を運営し、収益を上げていますが、オウム事件の被害者団体(オウム真理教犯罪被害者支援機構)は、オウム真理教の著作権は、宗教法人オウム真理教の破産業務の終結と共に、被害者団体に譲渡されているので、その使用・利用を停止することをアレフに求めて、2012年3月に、東京地裁に調停の申し立てをなし、今現在もそれが続いています。

 その調停の内容は非公開であるため詳しくは分かりませんが、アレフ側は、自分達が使っている著作物は、宗教法人オウム真理教のものではなく、麻原個人の著作物であって、被害者団体に著作権はないと反論して、事態はこう着しているという情報があります。


2.麻原死刑囚の死刑執行と共に変化するアレフ著作権問題の状況

 まず、まもなく、麻原死刑囚と共犯者であるオウム真理教の元幹部の裁判が、終結する見通しとなっており、そうなると、麻原を含めたオウム真理教事件の死刑囚の死刑の執行が視野に入ってきます。これまでは共犯者の裁判が終結していないために、彼らの死刑も執行されませんでしたが、その障害が取り除かれるということです。
 
 すると、麻原が死刑になると、その著作権は、麻原の妻と子供たちに相続されることになりますが、家族の中で、アレフが使用することを認めない者がいれば、現在のこう着状態が崩れる可能性があると、ひかりの輪では考えています。

 というのは、著作権法では、相続者が複数いる場合は、著作権は、複数の相続者の共有となります。そして、全ての相続者が合意しない限り、他者(例えばアレフ)に著作権の利用を認めることはできないし、相続者本人が利用することもできません。しかし、合意を拒むためには、正当な理由が必要です。

 その一方で、一人の相続者だけでも単独で、他者(例えばアレフ)や他の相続者が、著作物を使用することを差し止めたり、損害賠償を求める請求を裁判所にすることが出来ます。参考情報:http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/chosakuken/index/kyouyuuchoskuken/

 すると、焦点は、

①家族のそれぞれが、アレフに使用を認めるか、使用に反対するかどうか。

②アレフに反対する者が、アレフの使用の差し止めの請求を起こすかどうか、逆に、アレフに賛成する者が、アレフの使用を認める合意を相続者の家族全体に求めるかどうか。

③仮に反対する者と賛成する者との間での争いになった場合、アレフに反対する者が、使用を認めることに合意しない正当な理由があるかどうか

 ということになります。


3.現在の麻原死刑囚の家族のスタンス

 麻原の妻と子供たちの中で、アレフを裏から支配し、アレフに著作権の利用を許諾する可能性があると思われるのが、妻と、妻の下にいる二男だと思われます。しかしながら、妻は、裁判などを通じて、公には麻原・オウム真理教を批判しており、アレフとは無関係であると主張していますから、そのスタンス・真意が、改めて公けに問われることにもなります。

 一方、アレフから完全に離れているのが、長女と四女であり、特に四女は繰り返しメディアで、両親とアレフを否定しているので、アレフの使用を認めないと思われます。

 また三女・次女・長男も、2014年頃から、妻や最高幹部の二宮などを中心としたアレフの体制派と対立しました。その結果、アレフが三女側と妻側の二つに分裂したと言えばいいか、三女らがアレフの組織(への関与)から排除された(ないしは三女側がアレフの組織からは離脱した)と言えばいいか、簡単には説明しにくい状態になっているとされています。
 
 この三女らは、公には妻・アレフを批判していますから、アレフの著作物の使用に反対する可能性がありますが、しかし同時に、父親を事件の首謀者とは認めないニュアンスの主張をするなどして、そのスタンスが曖昧であることなどから、彼らの父親の著作物をアレフが使用することに反対するか否かによって、彼らの真のスタンスが問われると言うことが出来るかもしれません。

 こうして、社会的な視点から、家族の誰かが、アレフの使用に反対して差し止める可能性があり、そうなった場合、家族の誰かが、アレフの使用に向けて家族全体の合意を求める可能性と、誰も合意を求めない可能性があるということになります。

 なお、ひかりの輪のスタッフは、団体の発足以前から、アレフやアレフに関わる麻原の家族とは断絶状態である。よって、彼らに関するこの重要な事実をこのブログで公開したり、家族を取材したことがあるいくつかのメディア関係者に伝えて注目を促したり、警察関係者、被害者団体、公安調査庁調査官にも伝えています。


4.著作物の利用が認められない場合のアレフへの大きな影響

 結果として、著作物の利用が認められないと言う結論が出た場合ですが、それにもかかわらず、アレフが無断で利用を続けるならば、民事上の手続きに加えて、刑事事件として告訴される可能性もあります。著作権侵害の罪は重たく、最高懲役10年の重罪となります。よって、アレフは、麻原が死亡したことが分かり次第、これまで自由に利用してきた著作権に関して、相続者家族の合意なくば、無断では利用できない状況になる可能性があります。

 ここでの著作物とは、いわゆる書籍や説法ビデオに限らず、アレフが「教学システム」と呼んでいる麻原の説法集、秘儀瞑想と呼んでいる瞑想教本(とそのビデオ動画)を初め、詞章・歌・マントラなどの映像・音響教材の一切をふくみます。

 そして、著作物が利用できないと言うことは、今既に書籍などを所有している信者が個人的に本を他人に見せることは許されますが、アレフだろうと麻原の家族であろうと、その複製(手書きを含め)、販売、(アレフの道場での)陳列、(動画・音声の)上映といった行為は全てが禁止されます。よって、アレフの教化活動と財務に甚大な影響を与える異になると思われます。

 なお、著作権の保護期間は50年であり、麻原の最初の著作物は1984年、主な著作物は、1987年にオウム真理教が発足しててから麻原が逮捕される1995年までに作成されたため、2034~2045年まで、すなわち、向こう17年~28年までは、使用できないことになります。
プロフィール

アレフ問題対策室

Author:アレフ問題対策室
■脱会のご支援■
「アレフ(オウム真理教の後継教団)」や、アレフを隠したヨガ教室からの脱会支援を行っています。(※ご本人、ご知人、ご家族からのご相談など100件近くに上ります)
■告発と対策■
今なお続く、アレフの諸問題の告発と対策を行っています。
■運営担当■
ひかりの輪STAFFの4人が運営しています。(山口雅彦・宗形真紀子・広末晃敏・細川美香)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。